ナットウキナーゼ 効果なし

納豆(ナットウキナーゼ)と脳梗塞の笑えない関係性

 

脳梗塞とは心筋梗塞と同じく、
動脈硬化による血栓・脂肪の塊・腫瘍などが脳の血管に詰まって発症します。

 

血栓が原因になる為【血栓症】とも呼ばれています。

 

『血栓症には納豆(ナットウキナーゼ)が有効』
だと様々な情報が飛び交っていますが、

それに加えて脳梗塞について、
そしてナットウキナーゼを効率良く摂取するポイントや口コミ情報をまとめています。

 

脳梗塞の原因となる血栓

血栓と聞くと、出来てはいけないもの!
というイメージを持たれる方が多いと思いますが
実は人間の身体で自然に出来るもので、
怪我が自然に治る過程において重要な働きをしてくれています。

 

ところが偏った食生活や運動不足などの
現代の日常生活に加えて

 

加齢による代謝の低下や
血中コレステロール値の増加は
血液の流れを低下させます。
いわゆる血液ドロドロです。

 

血液ドロドロの状態は、
本来自然に溶けてしまう血栓が
溶けにくくなり血管内に残るようになります。
残った血栓が血液の流れで脳内に入り脳内の血管が
詰まる状態が【脳梗塞】と呼ばれるものです。

 

この過程に於いて、
動脈硬化が進行し血液の通り道が狭くなっているのも起因します。
血液ドロドロや動脈硬化といった症状は普段は目に見て分からない為、
脳梗塞などの血栓症は突然発症した様に見えるのです。

 

納豆はどう脳梗塞に効果的なのか?

 

納豆にしか含まれないナットウキナーゼという成分は
血栓の主成分のフィブリンに働きかける事が判明しています。

 

そして元々血管内にある血栓溶解酵素プラスミンを
作り出す成分の生成を促し、
また同じく血栓溶解酵素ウロキナーゼを構成するプロウキナーゼを
活性化する事まで分かっています。

 

これは血栓の成分に働きかけ血栓を溶かすだけではなく、
血栓が出来る前の血液に対しても
同様に作用してくれるため血液がサラサラになる効果があります。

 

血液がサラサラという事は血液の循環も良くなるので、
血管や心臓への負担が軽くなり血圧降下も
見込まれるという2次的効果まで期待出来るのです。

 

納豆が(納豆キナーゼ)が脳梗塞に効果的

 

というのはこういう仕組みだったのです!!

 

ただし、1つとても重要な注意点がある!!

 

一度、心筋梗塞や脳梗塞を患ってしまうと
お医者から「ワーファリン」や「プレタール」という薬が処方されます。

これは治療薬の力で血管を広げたりして

血液をサラサラにするというもので、
血液がドロドロだからといって処方して貰えるものではありません。

 

よくあるのが血栓症治療薬を処方されたのにお医者さんから納豆は食べるな!
といったケースです。

 

ここまで学んだ事でいえば

 

納豆→血液サラサラ、血流治療薬→血液サラサラなので

 

W(ダブル)で血液にとっていいような気がしますが、落とし穴があります。

 

納豆に含まれているビタミンKがワーファリンなどの血流治療薬の血液を
サラサラにする効果を打ち消してしまいます。


特にこの薬は扱いが難しく、服用量が少なすぎても多すぎてもダメなのです。

そこにビタミンKの打ち消し作用で効き目にバラつきが出ては
お医者さんも正確な治療が出来なくなる…
その結果、症状が改善されないという事にもなりかねません。

 

単純に血流サラサラにしたい方は
ビタミンKが取り除かれたナットウキナーゼのサプリメントを摂れば
この不安・問題はクリアされます。

 

 

今回のまとめ

  • 脳梗塞は血液ドロドロや血栓が溶けにくい状態が原因の一つである!
  • ナットウキナーゼが血栓にアタックし血液サラサラ効果で脳梗塞予防に◎
  • 血流治療薬を服用する方は納豆×!!ナットウキナーゼのみ◎

 

関連記事
ナットウキナーゼが花粉症にも効果があるって本当なの?