ナットウキナーゼ 尿酸値

ナットウキナーゼが尿酸値を下げて痛風予防に効果があるって本当?

 

 

痛風という病気は“尿酸値の値”が非常に重要です。
一般的に「尿酸値が高い」という状態は痛風予備軍である可能性が高いです。

 

ナットウキナーゼはその尿酸値を下げる効果があると言われています。
結論から言うと、それは本当です。

 

ナットウキナーゼは痛風に対し、具体的にどんなを作用するのかをまとめてみました。
この1ページで痛風とナットウキナーゼの関係が理解出来ます。

 

そもそも、痛風の原因…尿酸とは?

 

痛風とは、摂取された栄養素が分解されて尿酸となり、
自然に汗や尿によって排出される量を超えたものが関節などに溜まり、
溜まった箇所で炎症を起こし激痛が起きる病気の事を言います。

 

原因は、体外へ排出される以上に尿酸を摂取することにあります。
尿酸は“プリン体”を多く含む食品ほど発生しやすいのです。

 

プリン体が多い食品→体内分解で尿酸発生→処理量オーバー→尿酸が関節に溜まる

 

というサイクルです。
『そうなると、尿酸取らなければいいじゃん!』となるのですが、

 

尿酸は、人間の体内で自然に発生する栄養の一種であり
本来は自然に処理されているものなので、尿酸自体に罪はありません。

 

 

尿酸の発生原因を知って、体質を改善させよう!

 

現在では発生原因として

 

・食生活
・飲酒
・ストレスや行動パターン
・他の病気の影響(腎臓の病気)
・薬剤の影響

 

が挙げられます。

 

食事に関わる部分でいえば【プリン体の多い食品】を控えることが有効です。
レバー(肉魚)や大豆がこれに該当し、お酒でいえばビールです。

 

ちなみにナットウキナーゼを含む納豆は大豆製品の為、
食べ過ぎ(摂り過ぎ)にさえ注意すれば食べて問題はありません。

 

その他では、普段の生活スタイルがストレスを生み、
過剰に尿酸を発生せている事も分かっています。

 

また、特殊な例として、腎臓の病気で何らかの治療を行っている方は
服用している薬が尿酸発生原因になっている場合もあります。

 

それを除くと、一般的に、尿酸値を改善するには
『プリン体の多い食生活の改善』が一番手を付けやすいと思います。

 

 

ナットウキナーゼは、どのように尿酸に対して効果があるの?

 

尿酸値に直接影響を与えることができるのが、ナットウキナーゼです。

 

ナットウキナーゼは血液中の血栓の元の成分に働きかけて
血液をサラサラにしてくれる効果があります。
その為に血液の循環が良くなり、栄養が全身に巡りやすくなる体質へと改善してくれます。

 

さらに、ナットウキナーゼは腸にまで到達して乳酸菌の働きを活性化してくれます。

 

血流促進と消化効率UPにより、
低下した代謝を上げてくれるという効果があると理解して下さい。

 

体の代謝が上がるということは同時に老廃物の排出も行われる事になり、排出も活発化します。

 

つまりそれは、

 

過剰に作られたり摂られてしまった尿酸が排出されやすくなる!

 

というメカニズムなのです。

 

 

ナットウキナーゼと尿酸値は結びつきが無いように思いますが、
体の内部では循環サイクルにおいて大きな関わりを持っているんですね。

 

普段からナットウキナーゼを摂取することを心掛けていれば、
通風予防になることが理解して頂けたのではないでしょうか?

 

ナットウキナ-ゼは、サプリで採る方が、続けやすく、
かつ、効果的です。

 

ナットウキナーゼサプリにも、かなりの種類がありますので、
その違いをしっておくことも大事ですよ。

 

ナットウキナーゼサプリ 徹底比較