ナットウキナーゼ 飲みあわせ

ナットウキナーゼの飲みあわせ。相性の良いもの、悪いもの。

いろんな所でナットウキナーゼの飲み合わせについての記事を見かけるようになりました。
「あれがいい!」、「これはだめだ!!」と、いくらでも情報が入る便利な時代になりました。
しかし、その一方で、何が本当で、何がでたらめなのか、その分別がとても難しくなってきたと思いませんか?

 

そこで各方面の情報を私なりにまとめました!
ナットウキナーゼについての飲み合わせについては、今回の記事を読んで頂ければ、もう迷う事はないと思います。

 

まずは薬(ワーファリン等)との相性は?

血栓症患者に処方される薬に「ワーファリン」や「アスピリン」などがあります。
これは血栓症をはじめ、脳梗塞や心筋梗塞、場合によっては動脈硬化の進行している方に処方されます。
薬の力で体内のビタミンKに働きかけ強制的に血液を固まりにくくし、血液の流れをサラサラにします。
当然“薬”なので、個人差はあれど副作用があります。
ほかの薬との飲み合わせにはお医者さんの指導が必要になってきます。(処方に医師の許可が要る)

気になる【ナットウキナーゼとの飲み合わせ】については、全く問題ありません。
ナットウキナーゼが血液をサラサラにしてくれる食品なので、ワーファリン等の薬を服用していればむしろ摂らなくて良いぐらいです。

 

勘違いしやすいですが、納豆はビタミンKが入っているのでよろしくないです。
(ビタミンKは、ワーファリンなどの血液サラサラ効果を打ち消してしまう可能性があります!)

 

気になるのは他サプリメントとの相性は?

 

最近は健康系から美容系まで様々なサプリや青汁に代表される健康食品がネットで手軽に買える時代です。

 

なので、既にサプリでビタミンやミネラルなどを日常的に摂っている方も多いと思います。
納豆にしか含まれていないナットウキナーゼのサプリメントももちろん販売されています。
サプリメントは “食品”なので急に変化し出すものではありません。
ある程度飲み続けて初めて効果を期待出来るものです。

気になる【ナットウキナーゼと他サプリメント同士の飲み合わせ】についてはこちらも問題ありません。
相反する成分があるのでは…?という不安を感じるかもしれませんが、食品の域を出ないので過剰摂取などをしなければ大丈夫です。

 

気を付けるべきは、加工食品のサプリメントは精製時において添加物が必ず含まれている点です。
1カプセルに含まれる添加物は微量ながらも、数多くのサプリメントを飲む事で添加物を大量に摂取する事になるからです。
こういった健康食品は気にし始めると『あれもこれも!』となりがちですが、改善したいポイントにだけ絞って摂る事が、結局は一番効果を見込めますよ!

 

※どうしても、数種類のサプリを同時に摂取したい場合はお医者さんに相談するのが間違いないと思います。

 

今回のまとめ

1.ナットウキナーゼと薬(抗凝固薬)の飲みあわせは問題なし!
(ただし納豆には注意が必要)
2.サプリメント同士も大丈夫!!ただし大量摂取による添加物に危険性有り!

 

関連記事
ナットウキナーゼには過剰摂取という盲点も!?