ナットウキナーゼ 過剰摂取

ナットウキナーゼには過剰摂取という盲点も!?

いきなり結論から言うと、
ナットウキナーゼを採りすぎると、体に良くない場合があります。

 

これは納豆を食べすぎると駄目と言っているわけではなく、
ナットウキナーゼのサプリなどを過剰摂取すると、
サプリに含まれている他の成分が悪影響を及ぼす可能性があるということです。

 

 

イイこと尽くしではなかった納豆!!

血液サラサラには納豆のネバネバ成分に含まれる
たんぱく質分解酵素の“ナットウキナーゼ”が非常に有効!!

 

という事はいろんな記事で書いておりますが、
やはりありました弱点が!!

 

それは『ビタミンK2』です。

 

このビタミンK2というものは
本来、骨を強く保ち骨粗しょう症の予防に役立つ
ビタミンですが血液凝固成分でもあるのです。

 

つまり血液を固める働きを持っています。

 

実際に血栓症の病気にかかっている方の治療薬
【ワルファリン】の効果を減少させてしまいます。

 

ワルファリンは薬の力で血液の流れを良くするのですが、
ビタミンK2の血液凝固成分がそのワルファリンの働きを
減少させてしまうわけです。

勘のいい方はお気付きでしょうが、
私が血液ドロドロ改善をテーマに取り組んでいるのに、
正反対の働きを持つものなのです。

 

単純な私は危うく、
安くて健康になれるぞ!と、
調子に乗って納豆を1日に8パックも食べる所でした…

 

 

実は副作用はなかった!?

 

ナットウキナーゼは1日の理想摂取量は2000EU、
効果は12時間持続すると言われております。

 

これは納豆でいうと1・2パックに相当にします。

 

ビタミンK2が血液サラサラに逆効果なのと効果も
12時間で消えてしまうので、ナットウキナーゼは、
納豆からビタミンK2が除去(または含有量減少)された
ナットウキナーゼサプリメントから摂るのが賢い選択です。

 

 

必要量以上の摂取をしたとしても、
大きな副作用はみられません。

 

ただサプリメントには様々な成分が含まれており、
こういったものが異常な反応を示す可能性がある為、
血液をサラサラにしたいからと言って摂りすぎは良くないのです!

 

なので、サプリメントを選ぶ際には
ビタミンK2が除去(または含有量減少)されているかに
注目しながら選ぶとよいでしょう。

 

ナットウキナーゼサプリを徹底比較した記事も書いていますので、
そちらを参考にして下さい。

 

ナットウキナーゼサプリ 徹底比較