ナットウキナーゼ 胃酸

ナットウキナーゼは胃酸で溶けてしまうので意味ないって本当?

納豆(ナットウキナーゼ)は食べても胃酸でほとんどが溶けてしまい腸まで辿り着かず吸収されない、といった事を時々耳にします。
現代はストレス社会とも呼ばれ、強いストレス状況下では胃酸が多く分泌され胃酸過多になり易い環境であります。
本当に胃酸が納豆(ナットウキナーゼ)に影響を与えているのか?いついて事実を交えて見ていこうと思います。

 

 

まずは、胃酸ってなんだろう?

 

胃酸とは、胃の中で分泌されている液体の事をいいます。
胃袋内は、胃酸で満たされているといっても過言ではありません。

 

入ってきた食べ物を粥状にして消化撹拌し、
腸内へ送り出す為には必要な働きをしています。
また口から取り入れた物の殺菌(塩酸効果)も行っています。

 

『酸っていろんなものを溶かしちゃうんでしょ?胃袋自体はそれで大丈夫なの?』

 

そうです!
ごもっともな疑問ですね。

 

胃の中は、強酸である胃酸から胃を守るために“粘液”が同時に分泌されており、
胃袋の内側自体が粘液に包まれています。

 

粘液はアルカリ性なので胃内で中和作用が働き
酸性に傾かない絶妙のバランスで食べ物を消化してくれています。

 

 

納豆(ナットウキナーゼ)は溶けない!?

 

気になるのは

 

『健康の事を思って食べた納豆の効果(血液サラサラなど)が無意味だったのでは?』

 

という疑問ですよね?

 

結論から言うと、
“納豆自体は他の食べ物と同様に胃袋内で消化されてしまいます!”

 

ただ、これだけで効果がないと判断するのは、すこし早いです。
鍵を握るのは、納豆に含まれるナットウキナーゼです!
たしかに、これが溶けてしまっては意味がありません。

 

実は、ミクロレベルの構造上からの結論では、
胃で程よく消化されたナットウキナーゼは
腸内吸収に適したサイズになると言われています。

 

さらに、ナットウキナーゼを発見した須見教授によると

 

 

と発表しているのです。

 

これらのことからわかるのは

 

納豆は消化されてもナットウキナーゼは腸まで到達するという事です。

 

つまり、効果が期待できます。

 

補足

 

納豆を良くかき混ぜると“ムチン”という物質がたくさん生まれます。
これは胃酸による消化を和らげてくれます。

 

毎日納豆を食べている方は良くかき混ぜて食べるようにすると、
より腸内に成分が届きやすくなりますので是非試してみて下さい!!

 

とても簡単なので私も積極的に実行中です!

 

関連記事
ナットウキナーゼには過剰摂取という盲点も!?
ナットウキナーゼという成分は正しく理解しないと命が危険!!