ナットウキナーゼ 血栓

納豆(ナットウキナーゼ)と血栓の関係を知らない人はヤバイ・・・

 

血栓症という病気は、
脳梗塞・心筋梗塞・エコノミークラス症候群
に代表される病気です。
字を見て、
血栓というものが何かを塞ぐ? 
と想像した貴方は正解です。

 

タイトルある“ナットウキナーゼ”や“血栓”
という言葉で検索すれば
沢山のサイトがヒットしますが、
「ここでは血栓が何者か?」
そして
「その改善方法」
までを一度に理解し
明日から周りの人に語れるレベルにまで
持っていこうと思っています。

 

血栓はなんで出来るの?人間の細胞は万能なハズ…

 

血栓というのは、
止血を目的として血管内に発生します。

 

血管内には様々な物質が流れており、
これらの物質が通っていく過程で
血管の細胞膜を傷つけたりします。

 

そこで、血小板等が集まり傷口を覆って
細胞膜を治します。

 

この膜を覆っていた“かさぶたみたいなもの”が
血栓の正体です。

 

血の塊ですから溶けないまま血管を流れ、
心臓に入ると心臓内の血管を詰まらせてしまいます。

 

その結果、
心筋梗塞や脳梗塞などの
重大な病気を引き落としてしまうのです。

 

そこで、出来た血栓を自然に溶かす成分「プラスミン」
というものも血液内にも存在しています。
…やはり万能でした。

 

血栓が出来やすい状態が日常に潜んでいる!!

 

細胞膜が傷つく要因というのは、
日頃の暮らしぶりが大きく影響しています。

 

喫煙や運動不足、
食べ過ぎ・食物繊維不足・水分の不足・ストレス…
一般的に体に良くない、と言われることが
細胞膜を傷つけやすくしています。

 

それはなぜか?

 

先にあげた、
喫煙や運動不足、
食べ過ぎ・食物繊維不足・水分の不足・ストレス…
これらの行動で活性酸素が起こりやすくなります。

 

活性酸素は身体の細胞を酸化させていきます。
そのため、体内に取り込んだ栄養も酸化させられて、
血管内に溜まりやすくなります。

 

その結果、
血液の流れが悪くなるという訳です。

 

すでにお医者さんから
高脂血症やコレステロール値異常などの
診断結果を聞かされている方は
すでに、血液の状態はドロドロで酷い状態です。

 

このような、血液ドロドロの状態では、
血栓が出来ても、溶けにくくなります。

 

勘のいい貴方はお気付きのはずです!!

 

血液ドロドロの状態が、血栓が溶けにくいという事は、
血液サラサラの状態にすれば、血栓が溶けやすくなるんです。

 

そこで『血液サラサラ』に注目したら
ぴったりのものが出てきましたよ!

 

納豆です、あの納豆!!

 

中でも納豆にしか含まれていない
【ナットウキナーゼ】という成分が
ぴったりの効果を持っているんです。

 

ナットウキナーゼは、
血栓の主成分フィブリンに直接働きかけ
血栓を溶かしやすくしてくれます。

 

それだけでなく、元々人間が持っている
血栓溶解酵素も刺激して増強し、
活性酸素の発生まで抑制するというスグレモノです。

 

 

ちなみに、
ナットウキナーゼは、納豆から採るより、
サプリから採った方がはるかに効率がいいです。

 

実際、私もサプリを利用して、健康体に戻ることができました。

 

医者の指摘から、その後、健康に戻るまでの私の奮闘記は、
コチラから