ナットウキナーゼ 中性脂肪

ナットウキナーゼが中性脂肪を刺激して血管を駆け巡る!?

若い頃は健康診断で特に気にしなかった
「中性脂肪値」や「コレステロール値」
さすがに40代も後半にさしかかると
嫌でも気になってきます。

 

私も先日、
46歳になったばかりの健康診断で
異常な数値を叩き出し、
お医者様からこんこんとお叱りを受けました。

 

中性脂肪値やコレステロール値が高いのは
脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病のリスクが
高まるから改善しなさい!と。

 

いよいよきたか!!と思い、
私なりにインターネットでいろいろと調べていくと
ある結論に辿り着いたのです。

 

『どうやらドロドロ血液なのが大きく関係しているぞ?』

 

それに気付いてしまったからなのか、
なんか体が重い気がするので、

 

今日は一歩踏み込んで
中性脂肪と血液の流れの関係を紐解き、
これまで私が調べた事実と合わせて一気に
改善方法までをまとめてみようと思います。

 

どうして血液がドロドロに?

 

人間の体の血液の流れというのは、元々サラサラです。
(一度は手を切ったりした事があると思いますが、
その時に出る血をイメージしてもらえるとよいです)

 

 

ところが、私のような40代は
まず新陳代謝が落ちてきて血液の流れを悪くします。

 

会社や家庭でのストレスも原因で
さらにどんどん血液の流れを悪くしていきます。

 

 

言われてみれば
40歳を過ぎた辺りから肩こりが
ひどくなった気がします。

 

 

ストレス発散のつもりのタバコや飲酒の習慣も
さらに血液の流れを悪くし、

 

さらに最近の食べ物は中性脂肪値や
コレステロール値が高いものが多く、
血液がドロドロになりやすい環境にさらされていたのです。

 

そもそも中性脂肪って何なの?

 

中性脂肪というのは本来、
人の体を動かす上で必要なエネルギー源です。

 

 

“中性脂肪=余分な悪いもの”というイメージがありましたが、
内臓を守り体温維持といった役割を果たしてくれていたのです。

 

 

健康診断の時に測った中性脂肪値というのは、
一旦余分なエネルギーとして内臓に取り込んだ脂質が、
再び血液内に出た血液中の値の事を指していたのです。

 

 

つまり私の体は、取り過ぎた脂質が血管に溢れ出し
異常な数値を叩き出していたのでした。

 

 

『こういう事だったのか!』
ちゃんと調べていくといろんな事が分かってきました。

 

 

「沈黙の殺人者」と呼ばれている中性脂肪

 

これは私も知っていましたが、
血管が傷ついたりすると修復するために
自然に血液内に血栓が出来ます。

 

しかし、血栓が残ったままでは
我々は何もしていないのに血管
が詰まって死んでしまいます。

 

そこで血液内にある酵素が溶かしてくれていたのです。

 

人間の身体というものは本当に良く出来ています!
そこにきて、私自慢の血液ドロドロ生活の合わせ技で
血管の中に血栓を溜めていきます。(特に曲がっている個所)。

 

そうしてどんどん溜まっていった血栓は
やがて血管を詰まりやすくし、
脳梗塞や心筋梗塞といった血栓症を引き起こすのです。

 

血栓症は、血管が血栓で詰まる事で
内臓に血液が回らなくなるのが原因で、
私も聞いたことはあるエコノミー症候群も血栓症の一例です。

 

 

だからお医者様は私を叱ったのですね!
年甲斐にもなく人に怒られたのに
納得のいかなかったのがここで腑に落ちました。

 

 

この血栓(中性脂肪)が溜まっていく過程は
目に見えない所で進行し、

 

我々が知らない間に体を蝕んでいっているので
サイレントキラー(沈黙の殺人者)なんて怖い言い方をするようです。

 

 

黙って人を殺すなんてとんでもない奴です。

 

そこで注目されているのが…ナットウキナーゼ!!

 

ナットウキナー・・・ん?どこかで聞いた事あるぞ?

 

これは我々日本人には馴染み深いあの納豆の、ネバネバです。
納豆菌といった方がピン!とくるかもしれません。

 

このナットウキナーゼは酵素の名前で、
血栓の主成分に直接働きかけて
血栓を分解(溶解)する作用があったのです。

 

ここで繋がりました!!
血液がドロドロになって中性脂肪値が高くなる
→血液中の血栓が溜まりだし
血栓症(心筋梗塞など)を引き起こしやすくなる。

 

つまり・・・ナットウキナーゼを摂って
血液サラサラにすれば中性脂肪値も下がる!!

 

 

ナットウキナーゼは自身が持っている
血栓を溶かす作用に加えて、
元々人間の体内に備わっている溶解酵素に
も働きかけるという役割まで持っているという優れモノ!
うーん、匂いが苦手…なんて言ってられません!!

 

 

さらに最近の研究では、
血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害成分を分解し、
血栓溶解活性の増強作用がある。
との報告がありました。

 

 

要するに『血液サラサラにするには
ナットウキナーゼがとても優れている!』という事です。

 

さらに非常に興味深い結果があり、
血栓は深夜から早朝にかけて出来やすいので、
納豆(ナットウキナーゼ)は
夕食時に食べるのが効果的のようです。

 

 

これで私の様に夜遅くに帰って
一人で食事をしなければいけなかったとしても、
パックの納豆であれば簡単に摂ることが出来ます。

 

 

ただ、このナットウキナーゼ自体は
熱に弱い性質を持っていて
加熱した料理では
効果は期待出来ないものになってしまうので
注意が必要のようです。

 

万能ではないところに愛着と妙な信ぴょう性を感じます。

 

 

「納豆の匂いがどうしても嫌だ!」

 

「もっと効率よく摂る方法はないのか!?」

 

という方は、ナットウキナーゼを抽出・凝縮したサプリメントをオススメします。

 

ナットウキナーゼサプリ 徹底比較